懐かしい参考書と再会したり

週末は実家で甥っ子と遊んでいる時に面白いことが起きました。

奥の部屋にある本棚の扉を甥っ子が開けた時に、僕が予備校時代に使っていた参考書が、なぜか1冊出てきたのです。
22年ぶりの再会!

古文単語ゴロ513

ご存知ですか?

古文の参考書なんです。中身は全部ゴロ合わせ。

発行日は1997年。僕が予備校生だった秋に発売されました。

 

当時本屋さんでコレを見つけた僕は「なんだこの参考書は!最高じゃないか!」と衝撃を受けて即購入。

ところが周囲からは、「試験の数ヶ月前にそんなふざけた参考書を使ってて大丈夫か」と心配されたもんです。

 

僕さぁ、どーーーしても皆が使ってる定番の古文の参考書が頭に入らなかったんだよね。

でも、これだと超覚えられたし、何回繰り返して読んでも辛くなかった。そして古文に絶対的な自信を持てるようになった。

 

で、22年ぶりにパラパラ見てたらさ、ゴロを未だに覚えているわけですよ!!!

あさむ「驚く」【朝むっつりスケベに驚く】

これを初めて見た時、本当に感動したな〜。あさむを一発で覚えたもん。しかも未だに覚えているっていうね。そろそろ忘れたいよ笑

ゴロってすごい!
胸が少し熱くなりました インスタグラムにこの投稿をしたところ、面白いコメントをいただいた。

この参考書ってそんなHな語呂ありましたっけ?と。

 

もしかすると、いま売ってる改訂版ではHな語呂が削られているのかもしれない。

あとで本屋さんで確認してきます。楽しみだ!

 

いちおうアマゾン↓
【古文単語ゴロ513】

 

Return Top