自分のことを「天才だ!」と思ったり【普通の日記】

日課として、この参考書を必ず2ページ進めることにしている。極めて優れた参考書なのだが、問題が1つだけある。

重いのだ。肩が痛くなる。

 

電車に乗る用事がある日は必ずカバンに入れていたのだが(移動時間で勉強すると得した気分になるから大好き)、昨日僕はものすごい名案を思いつき、そして実行した。

ページをスマホで写メるのだ。参考書はどうせゆっくりゆっくり読むものだから、スマホの小さい画面でも全然じれったくない。

(わざと画質落としてます)

重い参考書は家に置いて、電車内ではスマホ画面を拡大して読む!肩痛くならない!完璧すぎる!

 

たまーに自分のことを天才だと思うのだが、今回もそう思った。

電車内での勉強もはかどった。

でも、その翌日に復習したら90%以上のことを忘れていて、「どこか天才だよ。バカ過ぎる」と一気に自信を失った悲しくなった。

 

なんでこんなに忘れるんだろうね。ふぅ。。。

天才になりたいよふ。

Return Top