竹紙のコーヒーフィルターでエコ珈琲!ちゃんと美味しく抽出できました。

地球に優しい

コーヒーを煎れる時に「使い捨てのコーヒーフィルター」を使う人向けのはなし。

竹から作ったコーヒーフィルターを見つけました。

試しに買ってみたのでさっそくレポート!

 

 

竹紙のコーヒーフィルターとは

 

竹のペーパーフィルター

名前の通り、竹から出来た紙です。

パッケージの説明によると竹は成長速度が早いので約3年で再び伐採可能でエコらしい。また世界中に(しかも大量に)自生しているためあまり生態系を壊さないとか。ふむふむ。エコだ。

販売しているのは普通の紙フィルターも販売しているメリタ。

 

竹(バンブー)のコーヒーフィルター

こんな感じです。無漂白だから体にも優しい。

 

竹紙を使ったペーパーフィルター

左が普通の紙フィルターで右が竹紙フィルター。見た目はほぼ同じ。味はどうかな?

 

 

 

エコなフィルター

淹れてみる。

 

 

 

竹紙フィルターで煎れたコーヒー完成

 

メリタのバンブー

しっかりと濃く抽出できました。お湯が落ちる速度も普通のと変わらない。いい香りがほわーん。

 

 

コーヒーに豆乳

健康ブログらしく「豆乳を入れて健康的にいただきました♪」と書きたいところですが普通にミルク入れちゃった。
へへ^^;

 

そんなこんなでいつもと変わらぬ美味しいコーヒーが煎れられました。

竹紙フィルター、体に優しくエコでよい感じです!

 

もちろん本当に一番エコなのは繰り返し使えるタイプのフィルターなんだけど、「熱湯による化学物質溶出」という件が気になったりもしてね。。

と、この記事を書いてる過程で「オーガニックコットンを使った繰り返し使えるフィルター」が売っている事をネットで発見!
可愛らしい!!

今後も健康やエコを追求したフィルターがあったら色々試してみます。
ではまた!

 

 

エコ漫画めでたくないけど、めでたしめでたし。

【健康体験まとめ】