【最強のマラソンドリンク】を作ってみた【完全菜食主義のアスリート(パート2)】

マラソンドリンク


【完全菜食主義のウルトラマラソンランナーがいた!1日で220キロ走ります】の続きです。


(前回のおさらい)
フルマラソンをはるかに超える220キロという距離を1日で走るウルトラマラソン大会で何度も優勝している選手は完全菜食主義だった。選手の名はスコット・ジュレク。

EAT&RUN

↑ジュレクの自伝【EAT&RUN】

ジャンクフード大好きのジュレクだったが、ベジタリアンな食事をすると身体が強くなる事に気がつき、次第に完全菜食主義になっていく。しかし、身体って肉を食べなくても本当に強くなるのか!?

(おさらい終わり)

 

という感じで前回は【ベジタリアンな食事がアスリートに与える効果】について自伝の中からレポートしたんだけど、実はこの本の読みどころは他にまだあるんです!今回はそれをお伝えしたい。

スコットジュレク

↑なんとこの自伝、ジュレク本人がレース用に食べている食事のレシピが20種類以上も載っているのだ!!

で、せっかくだから1つ作ってみた。選んだのは【グリーンパワーのドリンク】です。ジュレクいわく、長距離ランナーのパフォーマンスを高める効果があるとか!

 

ウルトラマラソン王者がすすめる最強のマラソンドリンクとは一体どんな味!?
さっそく調理スタート!

 

最強のマラソンドリンクの材料

マラソンドリンクの材料

バナナ、マンゴー、水、スピルリナ、味噌。

本に書いてあったから準備したけど、、、、
味噌はちょっと抵抗あるなぁ ^^;

 

マラソンドリンクの中身

とりあえずどんどんミキサーに入れる。

 

菜食主義者のマラソンドリンク

正直あまり美味しそうに見えない。。
沼みたい。。。

 

1分ほどシェイクしてみる。

マラソンドリンクの作り方

完成した様子なので恐る恐るフタを開ける。
おやっ?見た目は悪いが柑橘系のいい香り。

 

 

ジュレク式、最強マラソンドリンクの完成

 

マラソン用ドリンク

コップにうつしたら見た目もけっこう美味しそうに。

で、飲んでみると、、、美味しい!!!
普通のフルーツジュースだ!駅のジュースバーで売ってそう!

味噌の味しない。ほっ

 

ウルトラマラソン

注意点がひとつ。
本に書いてある分量で作るとこんなに余ります(2杯飲んだあとです)
アメリカンサイズ。。。

まあ量の問題はいいとして、これとっても良い!飲み口が見た目と違いスッキリしてるから喉につかえずスーっと飲める。バナナでエネルギーもとれるし、まさに最強のマラソンドリンクと言えるでしょう。

 

マラソンドリンク以外にも食べ物やスイーツのレシピも載っていて面白いので、改めてスコット・ジュレク著【EAT&RUN】はオススメです。

今度も引き続きベジタリアンのアスリートをレポートします。
お楽しみに~

 

スコットジュレクの漫画

おしまい。
【EAT&RUN】はベジタリアン&ヴィーガンのアスリートさんにかなりオススメです!

 

(追記)
必要ないかな〜と思いつつも一応ジューサーの名前書いておきます。パナソニックの【ファイバーミキサー】っていうやつです。

駅構内の某ジューススタンドで使ってるのと同じだと聞いて、覗いたら本当に同じだったので買いました(笑)

刃がチタンなので錆びにくくて良いよ。
参考までに。

ではでは最強のマラソンドリンクで高タイムを弾き出して下さいませ〜!

 

パート1↓

【完全菜食主義でウルトラマラソンを完走したランナー!肉をやめたら足が速くなった?】

 

 パート3↓

ヴィーガンの言う筋肉疲労原因とは

 筋肉疲労の原因は食事?菜食主義のウルトラマラソンランナーの教え

 

ベジタリアンの格闘家・アスリートのレポート続編↓

パート1【タンパク質でマッチョな筋肉】は弱い!?ベジタリアン格闘家が急増中!

パート2【ベジタリアン格闘家の食事】たんぱく質はどうしてる?

パート3【宗教上の理由でベジタリアン格闘家】お肉たべません。

パート4【高タンパク低脂肪】は古い?プロテインとサプリを捨てた格闘家達。 

番外編1【完全菜食主義】のウルトラマラソンランナーがいた!1日で220キロ走ります。

番外編2【ベジタリアンアスリートのレシピ】を読んで最強のマラソンドリンクを作ってみた。


【ベジタリアンの筋トレまとめ】