【宗教上の理由で肉食べない!】ベジタリアン格闘家のトレーニングと生活【第3回】

ベジタリアンと宗教


ベジタリアン格闘家レポートの第3弾!

上の写真はGoogleで「koshti(クシュティー)」と検索したら出てきた画像です。
ベジタリアンとは思えない屈強な男達がズラリ。

 

 

クシュティーって何?

 

クシュティーは中東地域で行われている伝統的な格闘技です。

投げ技と関節技が主で打撃はない。技術的にはレスリング・柔道・相撲との共通点が多い。

 

 

肉を食べないベジタリアン格闘家なの??

 

はい。クシュティーの選手達はベジタリアン格闘家です。理由はクシュティーがヒンドゥー教に基づいた格闘技だから!

流派や地位によって例外はあれど、ヒンドゥー教は【菜食主義】なので、教徒である道場生達が肉を食べる事はありません。

 

道場はアカラと呼ばれる寺院に併設されており、必ず祠(ほこら)と共にヒンドゥー教の神様がまつられている。そんな環境下で道場生たちは戒律と共に生活しているのです。

そう、彼らは宗教上の理由でベジタリアン格闘家なのだ!

 

 

 

とは言え本当の本当に肉を食べていないのか?

 

確かに「肉を食べずにそんなに体を大きく出来るの?」って疑っちゃいますよね。

ぼくの愛読誌である【Fight&Life(ファイトアンドライフ)の2009年12月号】でクシュティー特集があり、現地の潜入レポートが載っていました。それが参考になります。

ベジタリアン向けの本

格闘技とタンパク質

(電子版の「試し読みページ」で3ページあるクシュティー特集のうち、この1ページだけ読めます。他の記事も面白いからおすすめ!)

 

記事の中には

「道場生達はベジタリアンフードのみ食す」

との記載!

生活に密着したレポートが写真たっぷりで紹介されていますが、本当に野菜以外は食べていなかったそうです!

8才から65才がまじめに戒律を守って共同生活しているとのこと。
す、すごい!

 

 

 

ベジタリアン格闘家はトレーニングもすごいです

 

なんと体を鍛えるのに近代器具は使わず、トレーニングは基本的に自重だけ!!!

スクワットしまくるみたいです(笑)
ち、な、み、に!!!

ヒンズースクワット」という名称はクシュティー式スクワット(ヒンドゥー教徒のスクワット)が語源らしい。なるほど!

 

 

 

ところで、、、強いの?

 

強いと断言して良いのか分かりませんが、、、、

 

 

 

タイガー・ジェット・シンはクシュティー出身だそうです!!

 

好きだったな~^^
子供心に「どうしてサーベルを刺さないで持つ所で殴るんだろ?」って不思議で不思議で。まあそりゃあ刺したら相手がケガ、、、

おっと!話が脱線っっ
最後に、道場で生活する選手達のトレーニング動画を貼ります。
肉を食べなくてもみんな元気で筋肉モリモリ♪

 

パンツ1枚で古式トレーニングをする男達と、陽気な音楽の組み合わせが良い!

 

 

 ベジタリアンのアスリート漫画

 おしまい。

ベジタリアンの格闘家・アスリートのレポート続編↓

パート1【タンパク質でマッチョな筋肉】は弱い!?ベジタリアン格闘家が急増中!

パート2【ベジタリアン格闘家の食事】たんぱく質はどうしてる?

パート3【宗教上の理由でベジタリアン格闘家】お肉たべません。

パート4【高タンパク低脂肪】は古い?プロテインとサプリを捨てた格闘家達。 

番外編1【完全菜食主義】のウルトラマラソンランナーがいた!1日で220キロ走ります。

番外編2【ベジタリアンアスリートのレシピ】を読んで最強のマラソンドリンクを作ってみた。

番外編3 筋肉疲労の原因は食事?菜食主義のウルトラマラソンランナーの教え

 

【ベジタリアンの筋トレまとめ】