※後編!駅の有料トイレ(池袋)を使ってみたり【普通の日記】

昨日の続き)

あらすじ「スタバの店員さんに案内されたトイレは、まさかの有料であった」あらすじおわり。

コインを入れると自動ドアが開いた。この時に誰かと一緒に入ることはできるなと思った。ズルだけど。

足を踏み入れた瞬間にとてつもない衝撃があった。なんと、掃除をしている方から

「いらっしゃいませ」

と言われたのだ!!!!!

 

いらっしゃいませって、、、トイレですよココ。

【いらっしゃいませと言ってくれた人】がいる空間でおしっこをするのがすごくすごくすごく恥ずかしい。(したけど)

 

店内(もうトイレではなく店内と言う)はグレープフルーツの良い香りで溢れていた、BGMは鳥のさえずりとクラシック。100円支払ってこの空間でおしっこをしていることが面白くて顔がニヤニヤしてしまった。

 

入店時にいらっしゃいませと言ってくれた掃除の方に話しかけてみた。

もしかして、ここは有料なので常駐でお掃除されているのですか?あと、いらっしゃいませっていう挨拶おもしろいですね。

 

「常駐ではないですが、お掃除する頻度は多めです。お客様が入ってきた時には「いらっしゃいませ」とご挨拶するようにしています。」

とのこと。

ん〜、いらっしゃいませはやっぱり変な気がする笑

 

他にもアレコレ気になったことを聞いてしまった。

分かったことは、有料トイレの利用者は超少ないということ。ん〜、、、だよね笑

100円を払ってでも使いたい人はおそらく切羽詰まった状態だから、使い方が汚いのでは?と思って聞いたが、キレイに使う紳士が多く掃除はむしろ大変じゃないらしい。

ふむふむ、それは興味深い話だ。

 

「お金を払う人はトイレをキレイに使う」

スピリチュアルコーナーにある本のタイトルみたい笑

 

有料トイレはめずらしいからか、僕以外の利用者にも色々と質問されるらしい。でも、普通のトイレと比較した利用者の汚し方の差を聞かれたのは初めてだと褒められた。
えへん!

 

100円で素晴らしい体験ができた。勉強にもなった。おわり。