【ベジタリアンあるある⑮】こんがりキツネ色じゃない白パンケーキの方が美味しそうに見える

パンケーキの美味しい焼き色をよく「こんがりキツネ色」っていうけど、ベジタリアンだったりオーガニック好きの人はそれにピンとこなかったりする(全員じゃないよ)

キツネ色になるのは糖とタンパク質が熱を受けて起こる化学反応(メイラード反応っていいます。気になった勤勉な人は調べよう☆!)なので、まぁつまりそのパンケーキには砂糖や卵・牛乳・小麦粉・バター等が何かしら入っている。

だから砂糖や卵を使わないベジだったりヴィーガンのお店でパンケーキを頼むと、自然な白色パンケーキが登場します。

 

こんな感じで。砂糖不使用のソバ粉パンケーキ

もちろん焼いた後の状態だよ。

こっちの方が「キツネ色」より自然で美味しそうに見えない?
見えないって^^;?

僕はこっちの方がいいよぅ。

(ちなみにこのパンケーキは東急線あざみ野駅にある【サンズマーケットカフェ】で食べたやつです。これほんと凄くて、白砂糖・卵・乳製品は当然不使用な上、全粒粉・豆乳・そば粉で出来ておりまする!!)

 

樹液の蜜

樹液の蜜をかけてごちそうさま。

白いパンケーキさいこう!

 

(あるあるっていうか最後は食レポだな。。まあよい)

 

これまでのあるある↓
【あるあるまとめ】