「食べものだけで余命3ヶ月のガンが消えた」高遠智子著の【読書感想文】

読書感想文。

「内容が気になり過ぎるタイトルの本」を意識的に読んでいきます。

 

今回手にとったのは、

高遠智子著「食べものたけで余命3ヶ月のガンが消えた」感想」【食べものだけで余命3か月のガンが消えた 〜全身末期がんから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ〜】

です。

これは、、、、気になるどころの騒ぎじゃないっっっ

 

さっそく読書感想文スタート!

 

食べものだけで余命3か月のガンが消えた 〜全身末期がんから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ〜の感想

 

まず僕が良いと思った点は、

「字が大きくてすぐ読める」

ということ。

30分くらいで一気に読めちゃった。僕は「読みかけの本がある状態」が好きじゃないので、すぐ読破できて大変嬉しかった。

 

、、、ちょっと待てよ。。

僕の読書スタイルとかどうでもいい!

ここからは本の内容についての感想をちゃんと述べますね。

 

31歳で余命3ヶ月のガンと告げられた著者が

「残り3ヶ月で何をしよう」

と考えた末にフランス旅行へ旅立つところから始まります。

 

うう〜む!最初の数ページで猛烈に引きこまれました。

自分がこの状況に置かれたら何をするんだろう、遠出はしないでエステとか整体ばっかり行くかもなぁとか考えちゃった。

 

僕の考えとかどうでもいい!!

 

本の内容に戻りますね。

フランスに着いた著者はそこでオーガニックのトマトをすすめられる。トマトは苦手だったので嫌々ながら食べてみると、抗ガン剤の副作用で止まっていたはずの味覚と唾液腺が正常に働き、甘い味が口いっぱいに広がって唾液が溢れてきた。

この体験から「オーガニックや自然食」のパワーに興味を抱き猛勉強をスタート!!

オーガニック薬膳の開発を続けるうちに体調もじわじわと回復、周りの人にも料理を教えるようになる。

といった感じのことが第1章に書かれています。

 

で、この本が面白いのは、2章から急にレシピ本に変身します!

・納豆エスニック炒めそうめん

・いかの疲労回復安眠スープ

・ブロッコリーのピリっとチーズ焼き

などなど健康的な薬膳レシピの数々が本の最後(第5章)までズラリ!

 

あと、

フレンチガストロノミー上級ディプロマ?

(背表紙 ↑)に書かれているような健康マメ知識も満載でした☆

これまた気になるフレーズばかりだよね〜
勉強になった^^

 

全体を通して読むと、ガンに限定せず、体調全般について食の視点から書かれた健康本なので、ガンじゃない僕も興味深く最後まで楽しく読めました。

 

でも^^;

「ガン」っていうフレーズはやっぱりセンシティブだしインパクトが大なので、Amazonのレビューは腰が抜けるほど賛否が真っ二つでした。ここまで分かれるのは凄いなぁ。

ガンについてもっともっと深く知りたい人が多かったようだ。

 

一応Amazonのリンク ↓
【食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ】

 

今度「いかの疲労回復安眠スープ」作ってみよ ♪
なんかこの名前インパクトあるんだよな〜

また食や健康に関する「内容が気になり過ぎる本」を読んだら書きまする。

 

 

これまで読んだの↓
【読書感想文】